TPAM fringe『Dance Showcase of Young Choreographers』に参加させていただきます!

 

水中めがね∞は[C]プログラムに出演いたします。
水中めがね∞メンバー3名のみでお届けする新作『古臭い』、是非ご期待ください!
===============
TPAM fringe
『Dance Showcase of Young Choreographers』
2/12(火)〜2/15(金) YCCヨコハマ創造都市センター
<上演日程>
2/12(火) 20:00[A]*完売
2/13(水) 16:00[A]*完売  20:00[B]
2/14(木) 16:00[B]    20:00[C]
2/15(金) 16:00[C]

 

<チケット>

前売 一般 ¥2,500
前売 学生以下 ¥2,000

*当日各500円増し
TPAM参加登録者特典 ¥1,500

 

<出演団体>

[A] 2/12(火)20:00 2/13(水)16:00


北尾亘(Baobab)
『笑う額縁』

振付・構成・演出:北尾亘

出演:岡本優(TABATHA) 米田沙織 目澤芙裕子 北尾亘

 

デルトーカ
『あなたのせいで死ねない』

振付・出演:南雲麻衣 中村理 佐藤郁

映像・ドラマトゥルク:中瀬俊介

[B] 2/13(水)20:00 2/14(木)16:00


下島礼紗
『オムツを脱いだサル』

振付・演出・出演:下島礼紗(ケダゴロ)

 

中屋敷南
『The Girl in Rabbit's skin』

振付:中屋敷南
出演:庄司さやか 中屋敷南 他

映像:中瀬俊介

 

Von・noズ
『マザー・グース』

振付・構成:上村有紀

出演:上村有紀 久保佳絵

テキスト:山内晶(キリグス)

 

 

[C] 2/14(木)20:00 2/15(金)16:00

 

悪童
『BLACK OUT』

振付・構成・出演:歌川翔太 中村駿

 

水中めがね∞
『古臭い』

演出・振付:中川絢音

出演:根本紳平 松隈加奈子 中川絢音

 

久保田舞
『ジョン・ドゥ』

振付・出演:久保田舞

 

 

— 場所: YCC ヨコハマ創造都市センター


ダンスがみたい!20 にて『有効射程距離圏外』を再演致します!

1月の「ダンスがみたい!新人シリーズ16」にてオーディエンス賞を受賞した、水中めがね∞の中川絢音ソロ作品『有効射程距離圏外』が、「ダンスがみたい!20『病める舞姫』を上演する」内にて再演されます。
話題を呼んだ初演から更にブラッシュアップされた、新しい『有効射程距離圏外』をどうぞお楽しみに!

7/25(水)19:30〜 d-倉庫にて
詳細はこちら
※今枝星菜さんとのダブルビル上演となります

【新メンバー加入のお知らせ】

 

この度、ダンサーの松隈加奈子が水中めがね∞のメンバーになりました!
中川絢音、水口愛那、根本紳平、つくにうららと共に、これからは5名で活動してまいります。
今後とも応援のほどお願い致します!

横浜ダンスコレクション2018コンペティションⅠファイナリストに選出!

 

水中めがね∞として2018年2月の本戦にて作品を上演いたします。
--------------------
コンペティションⅠ(過去に公演実績があり、初作品を発表してから15年未満の振付家が対象)
9か国106組の応募から選ばれたファイナリスト10組による作品上演。
本選: 2018年2月10日(土)・11日(日) 横浜赤レンガ倉庫1号館 3Fホール

■ファイナリスト(五十音順、年齢=2017年7月17日応募締切時点、出身地)                                 
振付家名 年齢 出身地

作品タイトル

 

大石 裕香 33 大阪府 ウロボロス
北尾 亘 30 兵庫県 2020
四戸 賢治 27 岩手県 K(-A-)O
水中めがね∞ 25 東京都 絶滅危惧種~繁殖部屋にて~
田村 興一郎 24 新潟県 F/BRIDGE
タリノフ ダンス カンパニー   34 茨城県 フィクション
Choi Minsun/Kang Jinan 34/35   ソウル市(韓国) Complement
Kim Seo Youn 32 ソウル市(韓国) Selfish Answer
Lee Kyung-Gu 25 テグ市(韓国) A broom stuck in a corner
Michael Barry Arbas Que 24 セブ市(フィリピン)   NEGATIVES TO POSITIVE

□審査員(五十音順)
岡見さえ(舞踊評論家)
近藤良平(コンドルズ主宰・振付家・ダンサー)
多田淳之介(東京デスロック主宰・富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ芸術監督)
浜野文雄(新書館「ダンスマガジン」編集委員)
ティエリー・ベイル(在日フランス大使館文化担当官)
矢内原美邦(ニブロール主宰・振付家・演出家・戯曲作家・近畿大学准教)



※公式サイト(http://yokohama-dance-collection.jp/)より引用させていただいております。

「NEXTREAM21 in Rikkoukai 2017」本戦 優秀賞受賞

 

一般財団法人六行会が主催する、ALLジャンルのダンスフェスティバル「NEXTREAM21 in Rikkoukai 2017」にて、水中めがね∞がトライアウトを勝ち抜き、5月3日(水)の本戦に出場いたしました。


 上演後、優秀賞を受賞させていただきました。

応援してくださったみなさま、ありがとうございました!


水中めがね∞プロデュース企画公演

1991

~バブル崩壊と共に生まれた我々が、違う窓から見たモロモロ~

 

無事終演致しました。

初のプロデュースオムニバス公演が無事楽日を終えられたのはひとえにご協力くださった方々のお力あってこそでした。

ご来場してくださった皆様、誠にありがとうございました。